アトリエ花空間

花空間デザイナーとして、フォトグラファーとしての活動日記です。花・植物を活用した空間デザインをご提案致します。

第79回 講師勉強会(ブライダルブーケ)



みなさん、こんにちは!
美しく咲いたバラのポムグラニットが印象的でしたのでそれをメインにしたブーケを作りました。

最近は板橋市場に通っているのですが
太田市場のように多くのバラが揃ってはいないので
オーダーしていないと、色合わせが難しくなりますが
美しく咲くバラはやはり目を引きます。

その後、オレンジ色のバラスプラッシュも美しく開花して開花した状態で全て作れたら素晴らしいなと想像して楽しんでいました♪

花材
バラ(ポムグラニット、スプラッシュ、ブルーミルフィーユ)
トルコキキョウ(ボヤ―ジュ2ブルー、K534)、ラナンキュラス(ロンシャン)、
スカビオサ(ナナライトピンク)、胡蝶蘭スイートピー


↓他講師の作品
 

第78回 講師勉強会(胡蝶蘭とグリーンアレンジ)



みなさん、こんにちは!
胡蝶蘭が美しい季節
ベースをグリーンで低くつくり、その上の空間に胡蝶蘭を咲かせました。
グリーンの空間には、クレマチスとエリンジューム、ラナンキュラス
アップダウンをつけ、低めに配置しています。
見えにくいですが、足元はスパ二ッシュモスで覆い、前後に流しています。
面が広めのスクエア花器を使用しています。
足があると、スパニッシュモスをもう少し見せられましたが
そのような花器が無かったので。
胡蝶蘭の美しさと、特徴ある琉球のリーフが生かされると良いなと思いつくりました。

花材
胡蝶蘭、スパニッシュモス、琉球産リーフ、エリンジューム、
クレマチス(ブルーピルエット)、タバリアファンラナンキュラス2種(テレ―ズ)



↓他講師の作品
 

第77回 講師勉強会(春のパラレルアレンジ)



みなさん、こんにちは!
春の花材をふんだんに使ったパラレルアレンジを作成しました。
春はラインが美しい花材が多く出回るので
そのラインの美しさと伸びやかさを生かして作りました。
この時期は丁寧に手入れすると、2カ月近く花材を楽しむことができます。
適度なタイミングで切り戻し、徐々に枯れそうな花材を取り除いていきます。
最後はグリーンフェザーとモルセラ先端が生き残り、
その生命力には関心しました。

花材
モルセラスプレー咲き、グリーンフェザー、チューリップ(ハッピーアップ)、スイートピーつる、
デルフィニウム(カンヌホワイト)、マトリカリア(イエローベグモ)、ラナンキュラス(リナメリージャ)、ラナンキュラス(ミデン)、ガイラルディア、タチテンモンドウ、スノーボール

↓他講師の作品

 

第75.76回 講師勉強会(秋のアンティークアレンジ&枝物クリスマスアレンジ)

みなさん、こんにちは!

ケイトウが美しい季節

秋のアレンジを作成しました。

近年人気のタイサンボクは、葉の裏面の茶色がよくなじんでくれます。

今回はどの花材も、良い感じにドライフラワーになり、フレッシュからドライへと

長らく楽しむことができました。

 

クリスマス時期には

大ぶりな枝物がちょうど市場にでていたので

黄色の実がぶら下がるセンダンを中心に

花材を合わせていきました。 

ネイティブフラワーは、同系の花材でないと合わせにくいですが、今回はフレッシュなクリスマスグリーンと合わせ、ダイナミックに仕上げてみました。

 

こちらもいつ枯れるかというくらいに、長持ちしています♪

 

 

花材 秋のアレンジ

ケイトウ(ボンベイレッド)、トルコ(ボヤージュローズ)、バラ(エーススリーズ)、ネズミモチ、シンフォリカルプス、ヒリュウシダ、カーネ(ハリケーン、プライ)、ベンケイソウ(フロスティ)、大山木

 

花材 枝物クリスマス

ネイティブフラワー(ピンクミンク、レッドレック)、錦木、ゴールドライダー、シンフォリカルポス(紫小町)、柊(アメリカンホーリー)、ヒバ(コルムナリス)、センダン

 

↓他講師の作品

 

第74回 講師勉強会(プリザーブドフラワー 香水瓶&リース)

みなさん、こんにちは!

8月の勉強会は久々にプリザーブドフラワーにしました。最近は資材の値上がりが一段と加速し、同じ予算で揃えられる量に、以前とはかなりの違いが出ています。

 

 

今回の作品は、美容クリニックの周年のお祝い用に作成しました。

院長先生は、可愛いらしくエレガンスな方なので、その印象で作ってみました。

 

木馬のリボンの値上がりは凄まじかったのですが、他には変え難い魅力があるので、自己満足度を上げる為に入れてみました(笑)

 

 

↓他講師の作品です。

 

第73回 講師勉強会(初夏 水木と胡蝶蘭のアレンジ)

みなさん、こんにちは。

初夏の代表花材、スモークツリーと土佐水木をベースにアレンジしています。

みずみずしい黄緑色の葉と、ふわふわのスモークツリー、斑入りのギボウシの合間に

胡蝶蘭とダリアを散らし、

オンシジュームとカラーを添えています。

 

花材のチカラで、その場に季節のエネルギーをもたらすことが出来る。

その時期にしか入手出来ないものならではの

ありがたみを感じます。

 

花材

土佐水木、ダリア(ナマハゲオーブ、あみちゃん)、カラー(スマトラ)、ファレノプシス(ウエディングプロムナート)、スモークツリー(ピンクファー)、オンシジューム(オドントシジューム)、ギボウシ

 

↓他講師の作品です

 

北陸の風景 永平寺・平泉寺

 

 

みなさん、こんにちは!

今年は北陸の風景をいくつか紹介してまいりました。

今回が最終回です。

 

禅の里 永平寺

有名な唐門です。

雪の永平寺も美しかったですが

積雪の為、足を踏み入れることができず、

唐門を見ることはできませんでした。

 

梅雨入り前の6月は、季節もよく

苔と緑の美しい様子を拝することができ

寺の中の様子も、凍てつく寒さの中で見る感覚とは違って

光と緑を感じながら、気持ちの良い時間を過ごすことができました。

 

寂光苑に向かう途中

美しい滝と永平寺川の水音に癒されます。

暫く魅入ってしまいました。

 

  

 

  

 

バスと電車を乗り継いで

苔の風景で名高い平泉寺

静寂な時間が流れています。

日本三霊山 白山のふもとに鎮座し

参道はずっと登り坂

下馬大橋からの道のりは日本の道百選で

菩提林と苔の石畳が続きます。

 

こんなに長い登り坂の参道は始めてで

広く静かな苔むす石階段と

杉木立に囲まれていると

神聖な気持ちに導かれつつ、

ひと汗かきつつ。

 

 

苔が一面に広がる

本社・拝殿を前に

穏やかで気持ちの良い時間を過ごすことができました。